北千住仲町口徒歩1分・みずはの整体院のHPです

孤独の健康グルメ日誌【ここのつ・丼】
食べることは生きる事・生きることは活きる事

整体師・ヒーラーの視線から北千住周辺の美味しい食と健康について語っていきます

風邪の対応と食事の選択
2015年1月22日

2015年になりました。実はこの前の記事を書いた直後、久々に風邪をひき 熱風邪、咳喉風邪、鼻水、胃腸風邪と一通り終わるまでに約1ヶ月かかるという 長期に渡っての体調不良でした。

しかし整体的にはそれだけ身体に毒が溜まっていたので全て排出したという事になります。
病気というのは気の病と書きますが、まさに何らかの原因で循環系が詰まり 気の流れが悪くなって引き起こされるパターンが多いのです。
血管が詰まって○○梗塞という症状もそれですね。

今回も新陳代謝のキツイやつだと思えばたまには長めに風邪をひくのも悪くないです。 新種の風邪に対する免疫力もつきますからね。

ちなみに市販薬の風邪薬は症状を緩和するだけで治療薬ではありませんので 風邪をひいたら薬で治そうとか考えず、家で暖かくして十分寝てください。
薬を飲む際は効き目のある薬ほど副作用も大きいので注意書きは良く読む事です。

また病院に行くと待合室や院内でもっと悪い菌を貰う事もあるので 体力が弱っている時の通院は良し悪しですね。

ところでこのような病気の時は何を食べれば良いかは出身地や 育った環境により様々に意見の別れる処だと思います。

風邪で咳が出る様な時はとても体力を使うので熱量高めが良いでしょう。
私の意見としては身体を温める食材、味噌や魚中心の食事を推奨いたします。 つまりベタな日本食が一番日本人の身体に優しく体力がつくというわけです。

ちなみにコーヒーは南方系の豆なのでたとえホットでも身体が冷えるといわれています。
日本人ならお茶でしょう^^たまにはちょっと高めの価格のお茶を飲んでみると 身体の芯まで温まりますよ。

ちなみに今回の画像は「ここのつ」のまかない丼で「唐揚げの卵とじ丼」です。
(ここのつは2014年11月6日の記事参照の事)
家の夕食の余った唐揚げで作ると美味しいかなと思いますが 唐揚げの衣が古くなっている場合は身体に悪いので衣は剥いて ふつうに親子丼が良いかもしれません。

ではでは、遅くなりましたが 今年もみずはの整体院ならびに 本コーナーをよろしくお願いいたします。

各種ご案内


    ↓ご予約空き情報も発信

    ↓登録お待ちしております

    ↓営業時間外にご予約OK!

    いつあき予約