北千住仲町口徒歩1分・みずはの整体院のHPです

孤独の健康グルメ日誌【京都・貴船荘の川床会席1】
食べることは生きる事・生きることは活きる事

整体師・ヒーラーの視線から北千住周辺の美味しい食と健康について語っていきます

京都・貴船荘の川床会席1
2015年11月18日

「北千住から夜行バスで京都へ!」というわけで、今回は2012年7月22~23日にかけて京都貴船までFacebook友と人気の川床料理を食べにいった時の思い出画像でバーチャル京都ミニ旅行をお楽しみください。

「なんで2012年の話を今頃やるの?」という理由は単にパソコンの画像を整理していたら突然思いついただけですのであまりツッコまないでください。

夜行バスで北千住を夜9:00発、早朝、京都山科駅に到着しました。
駅と車両が30年くらい前の西武線みたいでタイムスリップした感があります。
土地勘が全く無いので地下鉄乗り換えと待ち合わせ場所の出町柳駅までのルートをしっかりと把握します。

待ち合わせ時間より2時間以上前に着いてしまった^^;
しょうがないので鴨川の土手あたりをふらふらして時間を潰しました。メンバーも揃ったのでいよいよ叡山電車で終点の鞍馬まで出発です。

そして蔵馬山駅へ・・・ 実は今回のツアーは料理と別に特別な目的がありました。

「蔵馬山~貴船神社・縁切り、縁結びツアー」と いうものです。
悪縁を鞍馬山で切り、良縁を貴船神社で結ぶという、「霊所お参りハイキング」が最大の目的で川床料理はお昼の食事というわけです。
ではでは鞍馬山山頂を目指して登頂開始です。

おみやげ物は天狗がいっぱい、おみやげ定番の木刀もここでは「牛若丸刀」になっていますね。
山頂までの道中では小雨が降ってきましたが無事に本殿までやってきました。名物の「狛虎」も見られてまずは一休み。

蔵馬山山頂には「天の気」のパワースポットがあります。試しに此処へ立って「雨止め」を祈ってみたらシャワーの様になっていた雨が一瞬であがってびっくりしました。
さすが「レイキヒーリング」発祥の地です。 天に祈るならしかるべき処でしろという事ですね。

ここから鞍馬山の深部、魔王殿でお参りしつつ貴船神社前、川床料理の貴船荘へ向かいます。

着きました!午後12時を回ってお腹も減っています。
川沿いに川床料理の呼び込みが目につく中、いよいよ昼食のスタートですが、この続きはパート2でお楽しみください。



孤独のグルメ日誌・記事スタートページへ戻る

ホームページトップメニューページへ戻る

各種ご案内


    ↓ご予約空き情報も発信

    ↓登録お待ちしております

    ↓営業時間外にご予約OK!

    いつあき予約